VR研修と学習

VRを研修で活用する場合、どのような効果やメリットが期待できると思いますか?

VRを研修で活用する場合、

1.学習への意欲関心が高まる

2.学習内容の理解度や知識定着率が向上する

と言われています。

<オンライン研修への移行>

あらゆる分野でオンライン研修が伸びています。

その理由は

・コロナ渦で集合研修ができない

・研修する為の移動が大変

・施設などの費用を抑えたい

等です。

<2020年オンライン集合研修を増やした企業は?>

2020年の1年間でオンライン集合研修を増やした企業の割合

全体では、オンライン集合研修を増やした企業は2020年では75%でした。

従業員規模別を見ると100名以上300名未満は、61.0%

300名以上2,000名未満は75.6%

2,000名以上は83.5%でした。

<オンライン集合研修で、成果は出ているか?>

オンライン集合研修では8割以上の学習成果は46.5%であったという結果があります。

研修の形式別 学習目標の達成度

研修の実施形式別に学習目標の達成度について企業の研修担当者にアンケートしたところ

オンライン集合研修の46.5%が学習目標の8割以上達成と回答しました。

対面集合形式では42.0%℮ラーニング・録画コンテンツ視聴形式では32.0%でした。


対面やオンラインでは40%以上であることから、顔の見える研修が重要ではないでしょうか。

《顔の見える研修+リモートで実現》するには⇒

〇VRの仮想空間で対面(対面集合形式)のような疑似体験(没入感)

〇オンライン集合形式のように離れていても

〇一人でできる自習機能(録画コンテンツ視聴形式)

の3つの研修の形式すべてを兼ね備えるのが 

まなVRクラウドです。

引用:パーソル総合研究所コロナ禍における研修のオンライン化に関する調査

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です